気になる口臭はどのようにして起こるのでしょう

外因的口臭は臭いが強い物を食べた際に

口の中には約500種類もの細菌が

なぜ口臭は起こるのでしょう。
口臭の要因については、アンモニア・揮発性硫化物・アミン類・脂肪酸などがあげられ、タンパク質の分解によりおきるのです。
口腔(歯周病)・鼻腔、咽喉の病気により、臭いが始まるでしょう。
身体の病気により起きる異臭は、アンモニア臭(尿毒症)・アミン臭(肝疾患)・アセトン臭(糖尿病)などが代表的で、人により臭覚の感じ方が異なるため、それぞれ違うが問題が発生します。
口の中には、約500種類もの細菌が住んでいます。
特に細菌の中で嫌気性は、増殖に酸素を必要としないため、タンパク質を好んで分解します。
その結果生じた化合物であるアンモニア・VSC・アミン・低級脂肪酸などにより悪臭を放つのでしょう。
口臭は食間に増強して、食中や食後には減少します。

起床時になぜ口臭はするのでしょうか

口臭は、年齢を重ねるとともに強くなる傾向にあり、女性はホルモンの影響を受けやすいと言われています。
たんぱく質が細菌によって分解される過程において、臭気物質が生じるのは牛乳やチーズでしょう。
口臭がある方とない方では、僅かな濃度物質において差があるに過ぎないのです。
生活習慣の乱れにより、室内換気の悪化などの要因で、唾液分泌の低下をおこしてしまうと口腔乾燥も大きな要因となります。
生理的口臭は、本来誰しもが持っている物です。
起床時・薬剤の影響・口呼吸による物・加齢による物・ストレス・緊張時などによるものが多いと思います。
これら多くは、口の乾燥により影響されているでしょう。
それでは、なぜ起床時に口臭はするのでしょう。
睡眠中は唾液の分泌が最も少なくなり、自浄作用が低下するため、口の中が乾燥することで口臭が発生します。
寝ている間の口の中の温度・湿度・歯石など、細菌が培養器の中にいるように繁殖するのです。