気になる口臭はどのようにして起こるのでしょう

生理的口臭の場合は時間と共に減少する

口臭の種類は様々あり、口の中が原因で起こることが多いでしょう。
歯周疾患により、嫌気性菌という細菌に絶好の住処を提供し、代謝過程において硫化水素(口臭発生菌が増殖したり舌苔から発生して、卵が腐ったような臭い)がします。
メチルメルカプタンは(主に炎症性病変に由来し、玉ねぎが腐ったような臭いや血生臭い)がします。
ジメチルサルファイドは(便臭のような臭いや野菜ゴミの発酵臭)を産生して、口臭の要因となるでしょう。
歯ぐきが腫れる・歯ぐきから血が出る・歯がグラグラする・歯と歯の間に食べ物が詰まる・口の中がネバネバするといった症状に当てはまる際は、歯周病なので治療が必要になります。
虫歯については、小さな虫歯がゆっくり進行していき穴があくことにより、食べ物が入り混んで腐敗して悪臭となります。
唾液については、健康な方で1日1.0〜1.5リットルの唾液が分泌されています。
唾液は、消化作用・溶解作用・洗浄作用・円滑作用・緩衝作用・抗菌作用・保護作用というような非常に多くの重要な役割を果たしているのです。
唾液の量が不足してしまい口の中が乾燥していることにより、歯周病や虫歯になりやすく・物がうまく飲み込めない・舌がピリピリする・口臭の要因・口が乾いて話しにくいなどの様々な症状を引き起こす原因になるでしょう。
年齢を重ねるとともに唾液の分泌は少なくなるのですが、薬の副作用・ストレス・喫煙・糖尿病や腎不全などの全身疾患・シェーングレン症候群などの複合的な要因も考えられます。

年齢を重ねると共に唾液の分泌は

生理的口臭については、朝起きた際や緊張している時・空腹時には、唾液の分泌が減少しているため細菌が増殖してしまい、口臭の原因物質とされる揮発性硫黄化合物が作られているためです。 口の中がネバネバしていて、喉が渇いている状態です。 口臭は時間とともに、減少するため問題はないでしょう。

外因的口臭は臭いが強い物を食べた際に

外因的口臭については、ニラ・ネギ・ニンニク・沢庵などの臭いが強い物を食べた際、喫煙やアルコールにより、いったん体の中に取り込まれた臭いの元となる成分が、胃の中に取り込まれ血液を介して、全身を巡って肺を経由して体の外に吐き出されるでしょう。 口臭は時間とともに、減少するので問題はないでしょう。

病的口臭の要因として真っ先に考えられているのが

病的口臭については、これが一番問題となる口臭で、病気により発生する口臭です。 病的口臭の要因として、真っ先に考えられるのが歯周病です。 過去の研究において歯周病と口臭の間に高い相関性があるということがわかっているのです。 歯周病の特徴については、歯を支える骨が溶けていき、病的な歯周ポケットを作ることです。